エージーワン株式会社の基本概要データ

株高の時代になると自然と多くの人の目が不動産投資などに向くものですが、そうなってくると注目を浴びるのがマンションやアパートの販売事業などをおこなっている不動産系の企業です。今回はそうした不動産事業を営んでいるエージーワン株式会社という企業について紹介いたします。

不動産関連全般において強い味方な会社みたい

エージーワンにおいては単なるアパートやマンションの販売だけでなく不動産関連全般に関するコンサルティング業務もおこなっていますので、単なる販売会社として認識するのではなく、不動産投資をお考えの方にとっても強力な味方となってくれる企業です。様々な不動産戦略に関する提案もさることながら、賃貸管理などに関しても熟知しているので、不動産のオーナーにとっては頼もしい存在みたいです。

単に不動産を右から左に流すだけのような会社とは違いエージーワンはオーナーと入居者の絆を作り上げる企業として高い評価を得ています。

住まいというものは人間にとって言わずと知れた生活の基礎となる部分ですので、どのような住まいでもそこに居住する人間にとっては貴重な時を過ごす場所ですし、オーナーにとっては大切な財産でもあります。

両者の幸せを実現させるためのお手伝いをしてくれるのがエージーワン株式会社なのです。

表面だけでなく住環境を整えてくれる?

不動産関連の会社というと、内装などをキレイにリフォームして体裁を整えてから貸し出すというだけのイメージが強いかもしれませんが、エージーワンが実践しているのは、単なる表面的なキレイさだけでなく、入居者にとって本当に気持ちのよい住環境作りというものです。

企画からちゃんとしている

まずは自分たちが住みたいと思えるような住まいでなければ、お客様に提供できないということで、物件の企画の段階で、住みたいと思えるような環境作りを主体に考えてくれているのです。

資産価値の高い提案らしい

不動産投資をしていきたい人にとっては長期に亘る運用アドバイスや管理などが重要なポイントになってくると思いますが、エージーワンであればきっちりと資産価値を向上させるべく質の高いサービスを提供してくれます。不動産関連で資産運用をしていきたいと考えている方はエージーワンに任せることによって気持ちよく安心して運用していけるということがわかります。

最新の暮らしのクオリティを求める

エージーワン株式会社では時代の流れにしっかりとついて行き、最新の暮らしのニーズに敏感に対応してくれています。最近ではとにかくいつ何時事故や犯罪に巻き込まれるかわからないという不安感が多くの人々に影響を与えていますので、マンションなどでは特にセキュリティに力を入れているところが多いです。エージーワンが企画管理するマンションではエレベーター内を監視するモニターなどを設置しており、人の目の届きにくいところまでしっかりとチェックが行き届いています。

エージーワンは単なる物件転がしではなく、オーナーも居住者もハッピーになれるような住まいの提供を目指して尽力している企業です。

建物というのは新しかったり、リフォームしたりすると外観はとりあえずキレイになるものですが、実際に暮らしやすいかどうかは生活をしてみないとわかりにくいところがあります。エージーワンのようにクオリティの高い管理をしてくれる企業の物件だと安心して住むことができます。

実際のネットの評判

エージーワンの企画管理する物件を実際に使用している居住者の方の間でも評判は良く、特に子供さんがいるような過程では、なによりも安心や安全が優先されるので、先ほど取り上げたエレベーター内監視モニターの設置やオゾン装置などの存在はかなり高ポイントとなっているようです。

インターネットサービスもしっかりと備えられているところも現代の住まいのデフォルトとして人気がある部分です。

物件のオーナーたちからの評価も高く、特にエージーワンが管理している物件での入居率の高さは注目に値します。なんといってもオーナーたちにとってはマンション経営の際に入居者がちゃんと集まることは、滞納の督促などお金に関わることが一番思い煩いとなります。そうした面でしっかりと管理、遂行してくれるエージーワンに信頼を寄せているようです。

まとめ

エージーワン株式会社は不動産事業のスペシャリストとして多くのオーナーからの信頼を得ている企業で、入居者には上質なライフスタイルを提供する企業となっています。調べてみると顧客の必要に応じて各種セミナーなども開催しており、好評を博しているとのことです。不動産関連の会社というと、本当に大小様々な企業が乱立しており、オーナーとしても入居者としてもどんな会社が本当に信頼できるか判断が難しい世界ではないでしょうか。そのような中でエージーワン株式会社は多くの人々の暮らしを明るくする希望となっています。